暗号化通信

暗号化通信を利用するWebサイトに関して「HTTPS」という名称が利用され、URIの表示は先頭に「https://」と記述されます。

暗号化通信の必要性は、通信途上でデータがのぞき見られたとき、パスワードのような重要なデータが知られてしまう事を防ぐ事にあります。

暗号化通信、ここではSSLと呼びますが、SSLの設定は技術的な操作が少し難しく、またお金がかかる事もあり、サイト運営者は避ける傾向にあるかと思います。

あるいは技術者であれば、通信データ量が大きくなるため回線に負担が掛かり、また処理速度が遅くなる事も考え、積極的な採用を見送る傾向があるのではないでしょうか?

SSLを採用するかどうかは、運営するサイトに知られるては困るデータ(例えばログインやパスワードなど)の入出力があるのであれば、必ず導入する事をお薦めします。

インターネットのデータは悪く言うとダダ漏れ状態です。特に危険な箇所はLAN接続されている通信部分です。ハブを介して繋がっているLANでは、流れるデータをキャプチャして中身を見る事が簡単にできてしまうからです。専用ツールはもちろん必要ですが。

即ち、外出先でインターネットを利用する場合、末端の回線がどのような回線、あるいはLANに接続されているか、注意する必要があると言う事です。

WordPressのSSL利用について

コストが掛かり、また導入は面倒ですが、共有SSLの利用を検討せずサイト全体のアクセスをSSL通信すると良いです。

当方も以前は必要な箇所で共有SSLを利用すれば良いと考えておりましたが、現在は考えを改めています。